AKIHIのちょっぴりオタオタ日記

落書きするのが大好き。「不思議」「可愛い」「萌え」なモノにも目が無いヲタ(笑)グータラ主腐の趣味と落書き日記。
※※※現在、ツイートログ中心です(笑)※※※ 

 

こんな感じで、カスタムしてます。

人形
道具はこんな感じ。

人形
メイクには、アクリル絵の具を使ってます。
乾くと耐水性になります。
本当は、同じ物を使う方がいいのですが・・・
家にあったものや、100均の寄せ集め(・ω・)
場合によっては、パステル。

パレットは、紙パレット。
絵の具が配水管に流れると、つまってしまうので、あまった絵の具ごと、ポイ出来るようにっ

水入れは、筆洗い用と、絵の具溶き用の、二つを準備。
使用後の水を捨てる時も、要注意!
配水管のつまりの原因になるので、水を流しながら、絵の具の塊は、紙に包んでゴミ箱へ・・・

うすめ液。失敗した箇所を消したりするのに使います。
アクリル用の専用の物があると思いますが・・・
家に、ミスターカラーのうすめ液しかなかったので、それを使ってます(笑)
ツメ用のリームーバーは、白く変色する場合があるので、使わない方がよいかと・・・

あたりを描くための、色鉛筆。

あとは、綿棒、爪楊枝、スポイド(水足し用とうすめ液用)は、あると便利。

植毛のカット用に、はさみと、くし(りかちゃんのを使ってます)

人形
筆は、SDのメイクの時に使っていた、面相筆を(自分で)カットした加工筆を使おうとしたのですが、ちょっと太かったので、500円超えの高い(笑)筆を買い足しました。
使用中、筆はこまめに洗うこと。
絵の具が乾くと、筆にこびり付いて、絵の具ののりも悪くなるし、筆がすぐに痛んでしまいます (T_T)

続きは・・・↓



 
2012071939.jpg
ヘッドは、ボディの大きさによって、種類があるので、どの大きさにするか?
決めてから購入。
髪の色も肌の色も、イロイロあるので、かなり迷います(笑)

人形
お湯パーマ。
温度は?さて何度が正しいのか?
ワシの場合は、ケトルで沸かした湯を、ざっざ~っとかけてます。
やけどに注意です(・ω・)

三つ編みをしたり、カーラーで巻いたりすると、ふわふわパーマも出来るようです。

乾燥させて、メイクへ突入です。
人形
まずは、色鉛筆であたりを入れていきます。

人形
かなり水で溶かしたアクリルの薄い色で、下書きです。
かなり薄いので、何度も重ねるように描いていきます。

失敗したら、うすめ液を綿棒にしみ込ませ、少しずつ拭き取ります。

イメージが完成したら、色を濃くしていきながら、これまた何度も重ねながら塗っていきます。
この時、絵の具に混ぜる水の量が重要でして・・・
多すぎると、べチャべチャに広がり、、、
少なすぎると、塗り重ねた時に、油絵のようにボコボコになります。
様子を見ながら、水の量を調整。

人形
そんなこんなで、メイク完成。

人形
あとは、ヘアカット。

長い髪を短くする時は、思っている長さより長めに、はさみでバッサリ切った後、少しずつ、はさみを縦にして切りそろえると、失敗が少なく、自然な仕上がりに・・・

前髪を切る時は、ハサミの刃先で、メイクを傷つけないように、要注意です!
髪の毛を結ぶ時は、縫い糸で整えてから、リボンなどで隠す。

あとは、ボディに乗せて、完成です。
人形
↑コレは、目測を誤って、前髪を切りすぎた例です(笑)

拍手する
  1. 人 形
  2. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する